定年後の働き方〜シニア個人事業主、フリーランスについて〜


長く会社で働いていた方にとって、すぐに仕事がなくなってしまうのは、

悲しいものですよね。

かといって、再雇用などで毎日働くのもちょっと大変・・・。

生活を楽しみながら、仕事をしながら、人の役に立つ方法ってないでしょうか?

 

特に現役時代に独立できるタイプの職歴・経験がある方は、

「個人事業主・フリーランス」という働き方はいかがでしょうか。

 

全員にオススメできるわけではないのですが、

向いている方にはこれほど楽しい仕事はないのではないでしょうか。

 

私がシニアの方におすすめするのは、フリーランスのアドバイザー、コンサルタント、独立士業などで、

自身の経験や知識を人に提供するというスタイルです。

どのような働き方か、次の章でご説明します。

 

知識提供型の個人事業主・フリーランス

例えば、不動産業界で長く働いてきた宅地建物取引士のAさんは、

不動産に関する豊富な知識があり、物件の良し悪しを見るのも得意でした。

 

そんなAさんは、定年後「物件選びサポート」サービスを行う個人事業主として働くのはいかがでしょうか。

大きな買い物で、絶対に失敗したくないという方に、同行して物件のチェックポイントなどを教えてあげるのです。

不動産屋では概して良い点しか教えてくれませんが、Aさんと一緒なら他のポイントにも気がつくことができます。

 

初めての中古戸建を探すファミリーに同行し、「壁の状態」「周辺環境」などについても

チェックポイントを教えてあげることができます。

 

長年のキャリアの中で、シニアのみなさんの中には、たくさんの経験や知識があります。

そうしたことが、他の人に必要とされているのです。

ぜひ、知識提供型のフリーランスとして働き、みなさんのスキルを活用してください。

 

あなたが得意にしていること、詳しいことはなんですか?

料理、数学、英語、走り方、草花の名前、天気の見方、低糖質メニュー・・・などなど。

あなたの強みが、必要とされているかもしれません。

 

知識提供型の個人事業主・フリーランスに向いている人

この仕事のスタイルに向いている方はこんな感じだと思います。

 

1、あまり稼ぎを必要としていない

まず、仕事を自分でとってこないといけないので、

営業をしないとお金も稼げません。

本当に生活が厳しくて働かなくては行けない場合、

再雇用・パート・アルバイト等で働いた方が良いかもしれません。

 

2、仕事以外の生活も楽しみたい

時間に余裕を持って、自身の時間を大切にしたい方は、

スケジュール管理を自分で行うことのできる仕事が合っていると思います。

 

3、人当たりが良い

会社を通さず、人と人とのお付き合いになるので、

人と関わることが嫌な方は向いていません。

人とたくさん会う仕事をしてきた方などが向いていると思います。

 

4、人・社会に必要とされたい、役立ちたい

人に必要とされる技術・能力・知識を

本当に必要としている人に提供することができます。

必要とされることを、必要としている人に提供するというのは、嬉しいものです。

稼ぎよりも、人の役に立ちたいという方には、向いていると思います。

 

5、コツコツ作業を行うことができる

社会人生活を長く送ってきた方なら普通のことかもしれませんが、

コツコツとした地道な作業が必要になります。

1件1件のニーズにしっかり答えていき、信用を作ることが大切です。

ブログで情報発信を行ったりといった作業もあるかもしれません。

こういった地道なこともできる方が、向いていると思います。

 

知識提供型の個人事業主・フリーランスの始め方や集客方法

仕事の始め方と集客についてです。

大まかな流れを記載します。

 

1、まずは自身に何ができるか、そして社会に何が必要とされているか、そのすり合わせを行います。

会社員時代にやってきたことがそのまま生かせそうであれば、そのまま独立を検討してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード・書籍:パーソナルブランディング、ビジネスモデルYOU、強み分析

 

2、サービスの内容、提供スタイルに磨きをかけます。

どのようなことができるのか、サービスを受けるとどのように生活が変わるのかといった点を洗い出し、

魅力的なサービスになるよう深めます。

 

3、販促ツールを作ります。

名刺、パンフレット、ホームページなどを作成し、より情報を魅力的に提供できるようにします。

 

4、 PRを行います。

お客さんになってくれそうな人が集まる場所に出かけていったり、

ブログを書いて情報発信をしていると、必要とする人が見つけてくれます。

発信しなければ見つけられません。

自分から定期的に発信をします。

Facebook, instagram, twitterなどのSNSも活用できるとなお良いと思います。

関連キーワード・書籍:コンテンツマーケティング、SNS、SEO、ウェブマーケティング

 

集客までの流れはこんな感じです。

大切なのは、一方的に情報を提供するのではなく、

相手に必要とされている情報を正しく提供することです。

 

ネットの情報は何が本当なのか嘘なのかわかりません。

「専門家の意見」という記事が広告だったりして、なかなか正しい情報というのが見つけることが難しい時代です。

そんな時に、「営利目的では無い」「長年の経験を活かした」知識を提供してくれる存在はありがたいものです。

ぜひこのような仕事のスタイルで、定年後の人生を豊かにしてみてはいかがでしょうか。