ナガノインテリアのダイニングテーブルとダイニングチェアの使い心地は?


ナガノインテリアさんのダイニングテーブルとダイニングチェアを使い始めました。

様々なメーカーが集まる展示場で一目で気に入り、契約しました。

そして、待つこと1ヶ月半。

美しい木目のテーブルとチェアが届きました。

 

 

 

 

対面90cm長さ180cmサイズ

 

 

 

 

 

ウォールナットの木目が綺麗です。

 

納品されたテーブルをみた時、とっても素敵で、私はなんだか感動してしまいました。

うちでは、これまではガラスのテーブルを使っていました。

輸入物の高さのあるダイニングテーブルで、

よく子どもがぶつかったりしていて、少し危なかったのです。。

 

でも、高かったし、大きくて重いから運び出すのも大変だし・・・。

ということでなかなか買い替えを考えませんでした。

 

しかし。ダイニングテーブルは、これからもずっと使うし、

食卓は団欒の中心でもあります。

温かみのある木製のテーブルと椅子は私の憧れでもありました。

そこで、今回意を決して、木製のテーブルをお迎えするに至りました。

 

そんな経緯があり、「危ないなぁ、ちょっといやだなぁ」

という思いが解決したことも嬉しくて、

表情は変わらなかったかもしれませんが、心では涙ちょちょぎれておりました。

(自分でも何を書いているのかよくわかりません笑)


ナガノインテリアさんのテーブルは、

木材が選べて、加工も選べます。

テーブルはDT670、ウォールナットのウレタン仕上げにしました。

とっても素敵です。

結構大きいですが、一生使えればいいな〜、なんて思います。

 

 

 

 

 

 

ウレタン仕上げは、水に強いので、子どもたちがヨーグルトやら唐揚げをこぼしても大丈夫。

オイル仕上げだと、そうはいきません。

こぼした瞬間に拭き上げないといけません。

すぐに拭いても汚れの跡が残ることもあるようです。

 

確かに風合いはオイル仕上げの方が素敵ですが、

毎日のストレスのことを考えると、ウレタン仕上げにしておいて本当によかったです。

食べ物のこびりついたオイリーなテーブルを見るたび、しみじみ、そう感じます。笑

 

しかもこのテーブルは、ウレタン仕上げとはいえ、コーティング感はなくて、

木のニュアンスや凹凸もあって、触り心地もとても良いです。

ウレタンかオイルで迷っている方、子育て家庭にはウレタン仕上げで間違い無いかと思います。

(いつか、子どもたちが巣立った頃には、塗装を剥がしてオイル仕上げにしてみたいな、

なんてことも妄想・・・。まだまだ先のお話・・・。)

 

ちなみにお手入れは、本来は「乾拭きだけでOK」ということですが、

子どもが食材をこぼしまくるので、さすがに水ぶきが必要でした。

一応、水ぶき→すぐに乾拭きで、水分がなるべくついたままにしないようにしています。

 

そして。

ナガノインテリアさんのお手入れパンフレットに、

「毎日乾拭きするとツヤが出てきます」

ということが書いてありました。

そうゆう“育てる系”のストーリーに弱い私。

 

ということで、家具たちが届いてからせっせと乾拭きしてます。

手を掛けるからこそ、より大切に思えるような気もしてきます。

(飽き性なので、いつまで続くかわかりませんが・・・笑)

 

 

いつか乾拭きはしなくなる日が来るような気がしていますが、

かわいい家具さんたち、大事に長〜く使わせていただきます!


今回お迎えした椅子も、今度ご紹介します。

3種類、4脚あります。

これもとっても素敵なんです。