1年半が経ち、ペイントソフトは最近はもっぱらprocreateばかりです。


iPadを使い始めてから1年半が経ちました。

(それまでは、wacomタブレットを使っていました)

ペイントソフトは色々とありますが私が最近使っているのはProcreate、Clip Studio、コンセプトの3つです。

それぞれのいいところと、個人的な使いどころを紹介します。

 

Procreateはささっと、気軽に

最近は、もっぱらprocreateが多いです。

私の場合は、単品のイラストが多いので、procreateはシンプルで、パパッと描けるので便利です。

 

例えば、私が運営しているショップ「ひばり暮らし」で販売しているオリジナルチェックリストノートに使用したこのイラストなどは、

Procreateで作成したものを、Illustratorで配置して作成しています。

このチェックリストノートの裏表紙にイラスト入れました。

鳥さん3羽が、楽しく飛んでいる様子をイメージ

ちなみにチェックリストは古くからある知られたツールですが、すごく有用なのです。アメリカではベストセラーになった本も。リンク貼っておきます。

 

その際、この鳥さんたちは、それぞれをレイヤー分けして、タッチが揃うようにして作りました。

レイヤーは3枚。

(重ね合わせるとこんな感じ。)

プロクリエイトは、私のように、挿絵を作る場合にはおすすめです。

こうゆう感じのもProcreateです。

 

 

Clip Studioは気合が必要な作品に

ちなみに、もっと描き込みたい、込み入ったイラストが描きたいという時には、

Clip Studioを使っています。

(でもこちらは有料しかもサブスクなのもネック。)

個人的には、Clip Studioを使うときは、ちょっと「よいしょ!」と大変な感じがします。

大作を描くぞ!というときはいいのですが。

ちょっとパソコンっぽい感じがします。

たまにログインが必要なのも面倒です。

ファイルを保存するのを忘れて、やり直し、というときもありました。

総じて、「ちょっと気合が必要だけど、手間をかけて作りたいものがあるとき」に使ってます。

このイラストもClip Studioです。ちなみに割と渾身の一枚でしたが採用されず・・・!涙

 

Conceptはアイディア出しにぴったり

Conceptの特徴は、やはりこの「無限キャンバス」。

縦横無尽に広がりがちなアイディアスケッチなどにぴったりです。

ラフスケッチなどにも良いですね。

これも、けっこう細々書き込める感じです。

まとめ

色々とペイントソフト使いますが、プロクリエイトの初動の高さと扱いやすさがよくて、

最近はProcreateばかり。おすすめです!