ボタニカルフォトは、DARK&COOL加工がおすすめ。加工ポイントは3つだけ!


観葉植物や、道端の草花などを撮ったボタニカルフォトは、そのまま使用するよりも、暗めの加工をつけてかっこよく見せるのがおすすめです。雰囲気がぐっと良くなるDARK&COOLな写真にするポイントは3つだけ。

DARK&COOL加工のポイント3つ

写真を、以下の3点に注意して加工します。

・露出下げる

・コントラスト上げる

・彩度下げる

写真はどうやって編集すれば良い?

iPhoneでしたら、写真を開き、「編集」から、太陽のようなアイコンをタップします。

その中で「露出を下げる」「コントラストを上げる」「彩度を下げる」ように調整します。

これで終わりです。簡単!

実際に加工して比べてみます

元の写真と、DARK&COOLな写真では、雰囲気が変わってきます。

オリジナル写真
調整写真

バナー風に加工してみます

それぞれの写真は、雰囲気が違うので、イメージによって使い分けすることができます。

オリジナル写真バナー
ダーク写真バナー

 

下の写真の方が、かっこいい雰囲気が出てきました!

他の調整方法

このような調整は簡単にできるので、他のアプリを使用しても良いですね。

VSCOという写真アプリは多くのブロガーさんに愛用されている人気アプリです。