アクリル板のレーザーカッター加工で模型作りに挑戦


通常、模型作りはスチレンペーパーなどで行いますが、

今回は模型作りのために初めてアクリル板のレーザーカッター加工に挑戦しました。

 

手作業のカッターだと難しいような、

窓などのかなり細かい部分も抜き取れますし、

抜きだけでなく「レーザーカッター彫刻」も活用すれば、

模様などの表現も行うことができます。

 

ということで今回、初めてレーザーカッター加工にチャレンジ。

細かいところまで抜き取れることにびっくり。

 

 

 

 

 

 

赤い光が動いていきます。かしこいかしこい〜!

 

 

 

 

 

レーザー加工終了です。

今回、ドアは「抜き」、窓は「彫刻」にしてみました。

 

彫刻された部分にマニュキュアを塗れば、

色がつきます。

 

 

 

 

 

 

あっという間に完成しました。

透明なので見えにくいですが、いい感じです。

 

 

 

 

 

アクリル板は透明ではなく、ホワイトの方が、模型に向きそうな気が?

 

 

とても楽しい作業でした。

この技術を使用して、これから模型作りがんばります・・・!

 

 

 

材料のアクリル板を売っているお店も紹介してもらいました。

 

 

 

 

「はざいや」さんと言います。

端材も売っていて、安いそうです。

そして、近くに美味しいラーメン屋さんがあるそうです。(それは素晴らしい!)

今度行ったらレポートします。

 

(後日:行ってきたので記事を書きました。)