どうして集中できていると知ることができるの?

1つ目に、focus@willのオーディオトラックは、人々の脳を持続して、タスクに集中して思考することを助けていることをHRV(心拍変動解析)の研究結果が示しています(結果についてはこちら(英文リンク)から)。

2つ目に、22,000人のアクティブユーザーを対象にした調査によると、focus@wilは集中する時間を200%-400%を増加させることがわかりました。

3つ目っに、focus@willのユーザーは、週末での使用率の低下がみられます。これは、このシステムが効果的かどうかの重要な指標となります。

4つ目に、ユーザーにセッションごとの生産性を評価してもらったところ、1時間の平均生産性が、75%(これはfocus@willを使わない場合よりはるかに高い数値といえます)であることがわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

特許出願中の技術を使うことで、「慣れ」が音楽のフォーカス効果に影響を与えないようにすることができます。上記のように、「集中の阻害」や「目標への慣れ」など、生産性を損なう事態を回避することにより、100分という長いサイクル全体にわたって集中力が最大化されます。

私たちの専用のインストゥルメンタル音楽ライブラリには、あなたがこれかで聞いたことのないような、有名な音楽プロデューサーや作曲家からの数多くの書き下ろしのオリジナル曲が含まれています。Focus @ Will Researchの初期研究(英文リンク)では、脳領域39に位置するP3およびP4領域において、ベータおよびシータ周波数が11-12%増加し、言語処理、リーディング、空間的フォーカシング、認知システムなどの機能を刺激することを示しています。

私たちはサイエンスディレクターDr. Julia Mossbridgeと共に刺激的で、新しい大規模な実験に取り組んでおり、様々な脳タイプの人々に対して、どのジャンルの音楽を、どんな強さで提供することが有効であるか、そしてどの認知メカニズムが改善しているかを調べています。この結果は、わかり次第すぐに公表します。

本日は、公式ページの、
How do we know it works?

を翻訳しました。

 

確かにfocus@willを止めるとき、生産性を聞かれるポップアップが出てきます。

これは、調査にも使われていたんですね。