お客様へのアンケートは、様々なPRに活用できます!低コストで広報活動を。(2)


前回の続きです。

前回:お客様へのアンケートは、様々なPRに活用できます!低コストで広報活動を。(1)

 

アンケートの取り方によっては、結果をまとめて公開することで、

ニュース性を持たせることができます。

例えば「常連さんに聞いた、お店の推しメニューランキング」→店頭・店内販促用など

「ポテトチップス○○味は、独身男性支持率80%と、堂々のトップ!」→POP、パンフなどに

「実際に住んでみてわかった、『本当に家事がはかどる間取り』のポイント」→ヒアリングと写真で記事っぽくしたり


こういった、自社のPR素材に使うこともできます。

さらに調査に楽しさ・新鮮さ・驚き・ニュース性があれば、

プレスリリースも遠慮せずにしてみましょう。

その場合、情報の新規性が大切なので、

必ずプレスリリースが先。リリースしてから、情報を販促に使います。


プレスリリースを送る際は、情報をA4サイズにまとめたもの(枚数は1~4枚程度、適宜)を用意します。

詳細はこちら、というリンクを書いておいて、そのページで詳細を記載したり写真データを置いておくとより良いですね。

 

送り先のテレビ局・新聞社・雑誌社・ウェブメディア・電子書籍など、

まずはPR手帳やインターネット調べながらメディアリストを作ります。

そして、送付方法などを一つ一つ丁寧に調べます。

場合によっては担当の方に送り方の詳細をお聞きします。


メディアリストは、今後PRをする上での宝物になります。

担当者さんとお話ししたことや、送付ルールの事、などなど、

エクセルでメディア別にメモをしながら充実させていきます。

もちろん内容によって、メディアの特性を考えながら「送る」「送らない」の取捨選択も必要ですね。


このように、「アンケート」は、昔からやられている基本的な手法ですが、

資源としていくらでも活用できます。

地道にやれば、予算もあまりかかりません。

ぜひお金をかけずに、広報するための方法として検討してみてください。

 


いつも自宅で聞いている、「Focus@Will:集中できるBGM」の解説記事を書いています。

 

 

一人でも多くの方が、自身の強みを最大限に発揮して、楽しく仕事できる環境ができますように。