アプリ「コンセプト(Concept)」の
簡単便利「スナップ」「ガイド」の使い方


無限キャンパスとグリッドが気に入って愛用しているiPadのコンセプトConceptアプリですが、

使い方の解説があまりないので、ここで解説してみたいと思います。

とっても便利な「スナップ」と「ガイド」の使い方について解説します。

 

※1200円で課金したプロ版ですので、無料版とは勝手が違う点もあるかと思いますので、ご注意ください!

無料版とプロ版の違いについては前の記事をご覧ください。

iPadアプリConcept(コンセプト)の解説 Apple Pencilで描きやすい! プロ版(課金)の機能は?

スナップについて

スナップというのは、オブジェクトを描く際や、移動する際、

良い位置で止まるように自動でぴたっと調整してくれる機能です。

ここには4種類のスナップがあります。

snap
「キーポイント」:

ガイド(後述します)を作るとき、キャンバスに書かれている線の端っこなど、キーポイントになる点にスナップします。

「グリッド」:

ガイド(後述します)を作るとき、グリッドが表示されている場合、グリッドの交差点にスナップします。

「オートコンプリート」:

線を描くとき、違う線があるところにつなげてくれます。ペンを離すと、どこに繋げるか選択肢を示す丸いアイコンが出るので、そのうちの一つを選択すると、その線につながります。

「アクティブ」:

アクティブなレイヤーのみ、スナップが効く機能です。レイヤーがたくさんあって複雑なドローイングをする方は、選択しておきましょう。

 

ガイドについて

ガイドは、綺麗な直線、円弧、角度のついた直線、楕円や円、長方形を描くことができるツールです。

定規のようなイメージです。

ガイドを設置したら、ペンでなぞることで綺麗な図形が描けるのです。

how_to_use_guide

ガイドを使うときには、ペンだけでなく2点選択することが必要になるので、指を使います。

5種類のガイドがあります。

guide

ライン:直線を描く機能です。

2本の指を丸いアイコンに合わせて動かします。

2本指が触れている場合のみ動かすことができて、

1本だと線がひけるようになります。

円弧:弧を描く機能です。

2本の指を丸いアイコンに合わせて動かします。

直線の状態まで持って行って、指を広げると線が伸びます。

直線の状態まで持って行って、一度離して中間を2本の指で抑えてピンチすると、

線を短くすることができます。

中央の十字をダブルクリックすると正円の半円になります。

half-circle

角度:角度のついた直線(V字)を描く機能です。

基本的には円弧と操作方法は同じです。

中央の十字をダブルクリックすると正方形の半分の線ができます。

angle

楕円:楕円や円を描く機能です。

2本の指を丸いアイコンに合わせて動かします。

中央の十字をダブルクリックすると正円ができます。

round

長方形:長方形や正方形を描く機能です。

2本の指を丸いアイコンに合わせて動かすと角度が変えられます。

中央の十字をダブルクリックすると正方形ができます。

how_to_use_guide

 

今回はアプリ「コンセプト」のスナップ機能とグリッド機能について解説しました!

無限キャンパスとグリッドが魅力的なコンセプト、とってもおすすめです。