文字(日本語)のデザインのポイント〜フォントを作る〜


世の中に英文フォントは溢れるようにありますが、

チラシやポスターで本当に使いたいのは「日本語フォント」であることが多いですよね。

「青空マルシェ」といった少ない文字であれば、手作りで表現すると個性が出ますし、

可愛らしい雰囲気も出ます。

ただ、フォントを作るというのは本当に難しいです。

有名な「資生堂の書体」は、社内デザイナーが入社後1年かけて練習し続けるということで知られています。

統一感のある書体を作るには時間と経験が必要になります。

特に日本語は種類が多いので、創作に時間が必要です。

 

日本語をデザインするときのポイント

日本語をデザインする際のポイントは、「漢字・ひらがな・カタカナのバランス」です。

文字は画数が少ないほど大きく見えやすいので、漢字は小さく、ひらがな、カタカナは大きめに作ることが良いとされています。

外枠100%に対して、漢字が90%であれば、ひらがなが83%、カタカナが82%が目安と言われています。

線は弱々しく見えないよう、カタカナ、ひらがなを太めにデザインすることもポイントです。

 

まずは外枠を決めます。縦長なのか、横長なのか。外枠を決めることで全体の雰囲気が決まります。

次にそれぞれの文字のバランスを決めます。

カタカナ、ひらがな、漢字に分けて実際の文字のバランスを詳しく見てみましょう。

 

カタカナのバランス

カタカナは、小さ目にデザインします。カタカナは形状の特性によって4つに分類されます。

外枠いっぱいにデザインする文字:

アオケチテナラヤ

平たいイメージでデザインする文字:

エユニシンツスヌマルレハホヘ

縦長のイメージでデザインする文字:

イウキクサソタトネノミメリヲ

小さくデザインする文字:

コロヨモセヒフワカム

 

ひらがなのバランス

ひらがなのバランスは以下の通りです。

外枠いっぱいにデザインする文字:

あえおけたなねのはひふほみむやゆれろわんをてぬか

平たいイメージでデザインする文字:

いつへ

縦長のイメージでデザインする文字:

うくしもりまよきさちらそする

小さくデザインする文字:

ことにめせ

 

漢字のバランス

漢字のバランスはさらに複雑です。

漢字は様々なバランスの特徴があるので、まずは作りたい文字のベースとなるフォントで打ってみます。

例えば明朝を選択し、その漢字の全体のバランスを考えます。

「青空」の場合、青は枠内いっぱいに上下が入っていて横幅は狭め。空は、下部が空いていて横幅が広いです。

このように、漢字のバランスを詳細に分析することから始まります。

文字のデザイン

全体の大きさが決まったら、次に文字の重心、線の太さ、ディテールを決めていきます。

これらによって最終的に文字の特徴が決まります。

 

ディテールは、例えば端をどうするのかから始まり、

ハネは、カーブは、入りは、止めは、払いは、点は、折れは、フトコロは、

といったポイントを一つづつ決めていきます。

 

最後に

フォントのデザインはとっても難しいですが、

オリジナルの書体を考えるのは楽しい作業ですね。

デザイン上の主役となるタイトル文字など、「ここぞ」という時に使ってみましょう。

ibis paintで作成